Skip to content

カテゴリー: バイクを自分でメンテナンス

バイクのメンテナンスを行う前に必要な工具

冒頭で前述したように、DIYでメンテナンスを行う動機・意義をどこに置くか?で

  1. 少しでも費用を安く
  2. 少しでもフィーリングを良く
  3. 弄ってるだけでハッピー、そのものが趣味化

と挙げましたが、この章でも①寄りの「コストパフォーマンス」に重きをおいて、後述する章の具体的なメンテナンス内容にて、どういった工具が必要になってくるかをご紹介します。

<(純正)車載工具>

読んで字のごとく、車両に備え付けられたオマケ?の工具です。

その車両に必要なサイズの工具が(全てではないが)ひととおり入っています。

中古購入したバイクは紛失していることもありますし、あっても何か欠品している場合もあります。

(某大手中古バイク販売店は、紛失車両にはオリジナルの車載工具セットをつけてくれているようです)

基本的には純正車載工具は、出先でのトラブル対応に、ないよりマシな緊急用とすべきもので、一般的に販売されている工具に比べると(メーカーのコストダウンの結果)色々な面で質がよくなく、本格的なメンテナンス・修理に使うには心もとないところがある・・・

というのが一般的なDIY推奨サイト等での評価ではないかと思います。

上での評価は決して間違いではなく、低質な工具を使ったが故の失敗は多く起こります。

初心者にありがちな、ボルトナット・ネジが緩まず、格闘の結果ボルトナットの角やネジの頭を潰してしまい(舐めるといいます)、緩めるのに余計に難儀することになるパターンが多いですね。

しかしながら、その車両特有の構造等のため、車載工具でないとできない/車載工具が一番使い勝手が良いという場合もあります。(例:カワサキ・スーパーシェルパのプラグレンチ等)

DIYメンテ初期段階であまり工具に投資するのも悩むところでしょうから、工具が揃って充実してくるまでの当面は、使えるところでは純正車載工具を使えばよいと思います。

本格?工具にサイズが揃っていないうちは、その補助(ボルトナットの供回り防止等)程度にはじゅうぶん使えますし。

車載工具の内容

ここでは車種は特定せず、例としてよくあるセット構成をご紹介します。

  • ドライバー 多くの場合一本を差し替えて、プラスマイナス兼用になっている
  • スパナ(オープンレンチ)  8mm~17mmくらいのコンビネーションが2~4本
  • 六角レンチ(アーレンキー)  3mm~8mmくらいのサイズのものが2~4本
  • アクスルレンチ  19mm~25mmくらいの、車載工具に特有の大サイズながら薄型のレンチ
  • プライヤー
  • プラグレンチ
  • フックレンチ (リアのプリロード・車高調整用)
  • アクスルレンチ、フックレンチの延長持ち手
  • スポークレンチ ワイヤースポークホイールの車種の場合

車載工具を使う場合の注意点

車載工具を使っていくうえで、工具としての品質が「こころもとない」というのは事実です。

  • それを解った上で敢えて使う場合は、工具の使い方の基本をしっかり守ることです。
  • ドライバーはしっかり押しながら廻す(一般的に押し7割回し3割の力加減といわれています)
  • 緩め・締めとも、スパナはアゴの短い方向に回す。
  • 手首の捻り程度で緩まない/締めきれないものは、スパナではそれ以上無理しない。

(本来スパナは緩め・本締めには使わないものです。メガネレンチやソケットを買いにいきましょう)

あと、品質が「こころもとない」の理由として、耐久性(精度の低下)があります。

スパナ等の口が開いてきてボルトナットを舐めやすくなったりします。

当面や試しに程度であれば純正車載工具でもなんとかなりますが、永続的にDIYでメンテをするなら、適当なタイミングで本格工具の導入を検討しましょう。

<車載工具「だけ」でどこまでできるか>

4章(日常点検)+α

  • ブレーキ/クラッチ/チェンジといったレバー/ペダルの、遊び量・高さ・距離
  • 体重や積載重量にあわせたプリロード調整

は、車載工具でじゅうぶん対応できるでしょう。

5章(洗車)

  • 各部を眺めまわす過程で、カウルやミラーの緩み等があった場合

にも車載工具レベルでOKでしょう。

6章(バッテリー)

  • バッテリー本体およびターミナルの着脱

それほどの締め付けトルクは必要ないので、車載工具の小サイズのスパナとドライバーでも対応可能です。

7章(オイル交換)

  • オイルフィルターカバーの着脱

に関しては車載工具の小サイズスパナや六角レンチで間に合うと思いますが

  • オイルドレンプラグの着脱

については、メガネレンチ(ボックスエンドレンチ)、ソケットレンチを使ったほうがよいでしょう。

8章(チェーン張り)

  • テンショナー調整とロック アクスルシャフトの緩め締め

いずれも車載工具でなんとかなる範囲です。

比較的大トルクとなるアクスルシャフトは、レンチが薄いのでまっすぐに掛けるよう注意。

チェーン交換やスプロケ交換には、車載工具では太刀打ちできません。

9章(ブレーキパッド、シュー交換)

キャリパ取り付けが6mm~8mmの六角ボタンヘッドボルト等であれば、車載の六角レンチ(アーレンキー)でもなんとかなりますが、比較的高いトルクで締め付けされているので、車載工具で手出しするのはやめておいたほうが無難です。

10章(パンク修理とタイヤ交換)

車体からのタイヤホイールの取り外しは、車載工具でも特に差し支えないと思われますが。

そもそもこの項目に手をつけるようになるころには、(出先以外で)わざわざ車載工具を使う意味がない程度には工具が揃っているのでは???

<本格工具を購入するには?>

工具専門店はもちろん、ホームセンター・カー/バイク用品店・通信販売で購入可能です。

この先の投資!と、セット売りのものでいきなり揃えてしまうもよし

作業中に必要になる都度、バラで買い足すのもよし

工具種類ごとに各サイズセットのものを、それぞれ買い足していくもよし

種類ごとに評判のよいブランドで揃えていくもよし

各々の予算と都合次第です。

最近では100円ショップでも(純正車載工具よりはマシな程度の)各種工具がある程度揃うようですね。

口の開かない構造のメガネレンチや六角レンチであれば、この記事で紹介している程度のメンテナンスには充分かもです。

(ただし、当たり面の精度や強度はイマイチなので、大トルクかけるにはちょっと不安)

裏技として解体屋に行って、ちょっと高級な車の純正車載工具を漁るという手もあります。

(それなりの車種だと、立派なケースに納められたブランド物の場合もあり)

よく「最低でもKTC!」などと言っている人もよく見かけますが・・・

あれは作業効率や耐久性でナンボのプロ(やそれに近いハイアマ)か、または手段が目的に転化して工具そのもののマニアになってしまって手持ちを自慢したい人だと、どの程度の作業こなしているかを見て理解すればよろしいかと思います。

<オススメ工具>

作業を進める上で必須となって買うものを除き。

私が個人的に薦める、純正車載工具にない、あらかじめ買っておくとよいと思う工具は

ウォーターポンププライヤー

です。

「ウォーターポンプ」は名ばかりで、専用工具が幅広く揃うまでは何かと代用の効く、汎用性の高いものです。

Comments closed

自分と業者のメンテナンスの違い(金額・項目)

前項でDIYメンテナンスについて書きますといったばかりですが・・・自分の手に負えない作業は、それをこなせる者に代行してもらうこととなります。

また、特殊な道具や技術が必要な作業では、業者(プロ)に任せたほうが費用効率の面で優れている場合もあります。

そのあたりを考察してみましょう。

<大前提としての作業工賃とは?>

なんらかの作業を業者に依頼すると、作業工賃が発生します。

自分で出来るところは自分でやってしまうと、作業工賃が浮く・・・とは言えますが残念ながらそれだけの簡単な話ではありません。

ここで考慮すべきなのは、作業工賃=人件費だけとは限らないということです。

それを生業として看板掲げてるようなお店では、各種作業を(効率よく迅速に)こなすための一定の投資(環境・設備・資料)をしています。

店主の方針次第での例外はありますが、お店を維持発展させるためには、どれだけ効率よく作業をこなしてお金を稼ぐかということが命題となります。

そういった人的・物的コストを乗せた作業単金に、各作業毎に標準的に(多くの場合は最短)見積もった作業時間を掛け算したものが標準的な作業工賃といわれているものになります。

DIYメンテナンスとの費用面の比較では、個人レベルでのそういったもの(投資)の考慮も必要です。

<余談として>

ひとことで業者といっても

  1. 自分がバイクを購入したお店
  2. 直接知り合ったり、仲間内で紹介されたお店
  3. 通販や個人売買での購入等でやむなく持ち込んだ最寄/アクセスの都合のよいのお店
  4. 通販や個人売買での購入等でやむなく持ち込んだ(メーカー直営)正規ディーラー

大きく分けると、上記4通りのいずれかになるかと思いますが、これにかかる人情的・心情的なものによっても作業工賃は大きく変わってくる場合はあります。

一概にこういう場合はこうと断言まではできませんが、一般的には。

  • 大資本の大きなお店ほどキッチリカッチリの一定額
  • 個人経営の小さなお店ほど丼勘定やお友達価格の相手次第での変動額

といった傾向はあるでしょう。

どちらが優れているとはこの段階では決め付けられませんが。

では、実際に自分でメンテナンスした場合と、業者にメンテナンスを依頼した場合に、トータルのコストや作業内容にどういった差が出てくるのか?

それぞれのメリットとデメリットを挙げて比較してみましょう。

<業者に依頼した場合のメリット>

やはりそれを生業として看板かかげて商売にしているのですから

  1. 基本的にまかせきりでOK(不動の場合は引取り搬入も、服や体も汚れなくて済む)
  2. 迅速確実に作業完了させられるだけの作業環境(工具、設備等)と技術と知識
  3. 作業に起因する/付随するトラブルもまかせきりでOK(ミスによる破損や緩まないネジ等)
  4. 完全に仕上げてくれる(はず)

たまに、何度出してもきっちり治ってないといった例も聞かなくはないですが・・・

<業者に依頼した場合のデメリット>

では、デメリットとしてはどんなことが考えられるでしょうか?

  1. 工賃の発生(バイクに乗るうえで、形としては後に残らない)
  2. 使用パーツ等が限定される場合がある(安価な同等品を利用できない場合も)
  3. 自分で手配したパーツ等や油脂類の持ち込みは嫌がられる場合もある(とはいえ、得体の知れないものに一定の責任持たされるのはイヤですよねやっぱり)
  4. 消耗品の置換え程度でも不正改造に繋がる作業は断られることもある(あたりまえ)

では、自分でやった場合はどうなるでしょう?

ほぼ表裏一体となりますので、メリットとデメリットの順番を上記の場合と入れ替えますが

<自分でやった場合のデメリット>

  1. 全て自分で調べて計画をたて、場所・工具・時間を手配して作業(服も手も真っ黒、片付けも自分)
  2. 必要な工具や設備、資料等があれば、それらの購入・代用・自作・借用・調査が必要
  3. 作業に起因する/付随するトラブルは全て自己責任(ミスによる破損や緩まないネジ等)
  4. 途中挫折して結局業者任せになった場合、最初から任せるよりも余計なコストがかかる(プライドもズタズタ)

このデメリットの項だけ見てしまうと、一気に気分が萎えてしまいますね・・・

ただ、このデメリットはちょっと考え方を換えるだけで、丸ごとメリットにもなり得るのです!

<自分でやった場合のメリット>

  1. 自分の都合や予算にあわせて、場所・工具・時間を手配して作業することができる
  2. 必要な工具を購入・自作したり資料を揃えた場合は、今後もそれを活用するほどにお得
  3. トラブルは自己責任ながら、商売じゃないからいくらでも時間はかけられる(自分的に許せる・問題ないところでなら手抜きもできる)
  4. 業者だと作業目的を達成しさえすればなおざりにするところでも、自分の納得いくまでとことん時間をかけられる。(好みに合わせた徹底調整や、普段手の入らないとこの清掃・磨きあげ等)
  5. 知識や技術が蓄積して、できることが増えてくれば・・・おまわりさんに内緒のあんなことやこんなことも?

いかがでしょうか?

私と同じような属性を持つ人であれば、これだけでもワクワクしてくるのではないでしょうか?

  • PDCAを上手く回せると気分よくないですか?
  • マニアックな工具を持ってると、なんとなくそうでない人に差をつけた気分になれませんか?
  • ちょっとしたトラブルなら、その場で解決したり応急的にやり過ごしたりできるようになりたいと思いませんか?
  • 積極的に手を入れることで、自分のバイクにより愛着が沸いてくる気がしませんか?

突き詰めていけば、バイク弄りそのものが実益を兼ねた趣味として成立すると思いませんか?

<自分でやるの境目>

・・・なんて言いながらも、私自身は所定の廃棄方法が必要な、オイルやLLC、ブレーキ/クラッチフルード等の交換はお店に頼んでしまいがちですし、自分の手に負えないことがあった時のための顔つなぎの意味で、お店に一定のお金を落とすために(自分でできることでも敢えて)依頼することもあります。

知り合いで私と同等の技術と知識と工具類は持ちながらも、弄る時間を取れるなら少しでも走ってたほうがいいと、全てお店まかせにしている人もいます。

結局のところ、どこまで自分で、どこまで業者に依頼するかは、人それぞれの知識と技術と都合と予算次第ということになりますが・・・

業者依頼の場合の工賃相当額と、自分でやる場合の工具や資料といったものの差額で、どのくらいで元が取れるかが一般的な判断基準になるかと思います。

そういった知識をつけるためにも。

今後お店が提示する作業工賃に、心から納得して気持ちよく支払いするためにも。

まずは工具も必要ない/車載工具でも間に合う程度の、ごく簡単なことからでも挑戦してみませんか?

Comments closed