Skip to content

カテゴリー: バイクのパンク修理方法

【難易度高】パンク修理とタイヤ交換

難易度高となっていますが、タイヤには2種類あります。

チューブレスタイヤ

最近の主流 パンク修理は簡単ながら、後に交換を前提とした応急的なものになる。

タイヤ交換はサイズ(幅と扁平率)によっては人力ではほとんど無理。

最近はチューブレス仕様のワイヤースポークホイールも増えてきた。

チューブドタイヤ>

基本的にワイヤースポークホイールの場合はチューブドとなる。

山奥で自力でパンク対応せざるを得ないオフロード車での採用は未だ多い。

パンク修理、タイヤ交換とも、リムへの着脱が困難なチューブレスに比べると比較的容易い。

チューブレスに関しては、ごく簡単な応急処置であったり、ほとんど実践不能の内容となりますので、ここではチューブドタイヤのパンク修理とタイヤ交換について、車種を特定しない一般論として記述します。

<頻度>

パンクについては運次第ですが、タイヤの寿命は銘柄と使い方次第です。

<パンク修理とタイヤ交換>

チューブドタイヤの交換は、パンク修理の一部とほぼ同一の作業となります。

~必要なもの~

a.タイヤレバー2本以上 (二輪の場合、スプーンタイプが使いやすい 3本推奨)

b.虫まわし

c.空気入れ

d.パンク修理パッチ (チューブの損傷形状に適したもの)

e.ゴム系接着剤

f.紙ヤスリ

g.ビードクリーム (なくても可 あると便利)

h.リムガード   (なくても可 あると便利)

i.バルブプラー  (なくても可 あると便利)

j.レンチ     (ビードストッパー装着車のみ)

k.プライヤー   (異物の抜き取り時に必要であれば)

~手順~

1.車両からタイヤホイールを外す

2.刺さった異物があれば抜いて、おおよその位置(バルブからの距離)を憶えておく

3.b.でバルブコアを抜き、完全に空気を抜く

4.a.で、リムからタイヤの片面のビードを外す

5.チューブを取り出す (チューブを取り出したら、タイヤ交換の場合、もう片面のビードをはずしてリムから抜き10に進む)

6.チューブの損傷部を探す(空気を入れて耳を澄ませ、怪しいところにツバを塗る)

7.損傷部を中心に、d.の大きさよりも大きく、f.でチューブ表面を荒らす

8.荒らした表面にe.を塗り、指で触ってベトつかなくなったら、パッチを貼って叩く(道具があればハンマー等 出先であればタイヤレバーの背等で)

9.チューブに空気を入れて膨らませ、修理箇所とその他箇所の空気漏れのないことを確認

10.チューブを、タイヤに入れる (交換の場合は新しいタイヤに)

11.(交換の場合タイヤのビードの片側をリムに入れながら)バルブをリム穴に通す

12.もう片側のビードをリムに入れる

13.バルブにバルブコアを入れて組み立てる

14.規定の空気圧を入れて、ビードを上げる(嵌める)

15.タイヤホイールを車両に取り付ける (後輪の場合はチェーンの張り調整も)

Comments closed