Skip to content

【難易度中】チェーン清掃・張り調整・交換

チェーンには、シールチェーン、ノンシールチェーンとあります。

チェーンの1駒1駒のリンクに、グリスが封入(シールド)されているかどうかの違いです。

  • ノンシール フリクション抵抗低 メンテ要求頻度高 耐久性低 価格低
  • シールド フリクション抵抗高 メンテ要求頻度低 耐久性高 価格高

なので、現在ノンシールは、手がかかる上に耐久性は低くともそれを許容して、少しでもフリクションを低めたいといった、競技等での特殊な環境や自転車でしか使われなくなっています。

以下は基本的にシールチェーンについての記述とご理解ください。

チェーン清掃・注油

どのくらい手間と時間をかけられるか?

どのくらい作業効率を追求するか?

で、プロ<アマの差が一番出る作業です。

ちなみに、適切な給油さえしてあれば、10分程度の最低限の清掃でも、半日がかりでマツイ棒で1駒ずつ隅々まで磨きあげても、機能的な差はほとんど出ません。

頻度

通常走行下では、チェーンオイルを使った場合で~500km、チェーンルブを使った場合で~1000km程度でしょうか。

オフロード車や、オンロード車で未舗装路を走って、チェーン・スプロケットを痛める砂や泥がべったり付着した場合はこの限りではなく、すぐに清掃と再注油が必要です。

~用意するもの~

  1. チェーンクリーナー (オイル交換で出た廃油で代用もOK)
  2. チェーンオイル/チェーンルブ
  3. ブラシ (チェーン用ブラシが便利 歯ブラシ等での代用も可)
  4. ダンボール、ウェス (床やタイヤにクリーナーやオイルが付着しないため/拭き取り用)
  5. ローラースタンド (サイドスタンドのみの車両の場合便利 なくても可)

手順

  1.  作業効率を高めるための準備(作業スペース確保のためチェーンカバー外す等)
  2.  d.で床、タイヤの養生
  3.  チェーンクリーナーをかけてブラシで擦ってウェスで拭き取る
  4.  リアタイヤを廻して未処理部分を手元へ(サイドスタンドの場合前後に移動 またはリアタイヤを浮かせて回す)
  5.  ③④を繰り返してチェーン一周
  6.  注油 (シールチェーンの場合、リンク部分より主にローラー部へ)
  7.  ⑥④を繰り返してチェーン一周
  8.  防錆効果も狙う場合は、チェーンのプレート部にも塗油して余分を拭き取り

チェーンの張り調整>

よく、「チェーンが伸びる」といいますが、チェーンを見たときにそれが本体のように目につくリンクプレートが伸びているわけではありません。

各リンクのピンの磨耗×コマ数ぶんの距離が伸びます。

加えて、ドライブ・ドリブンスプロケットの歯の磨耗ぶん引っかかりの距離は近くなります。

それによりチェーンの張りは緩むこととなります。

チェーンテンショナーには次の形式があります。

  • スライド式(一番多い)
  • エキセントリック(偏芯)式(カワサキ車やオフロード車に多いスネイルカムなど)

ここでは一般的なスライド式についてとご理解ください。

チェーンは張りすぎると磨耗が促進したり、サスの動きを阻害したり、緩すぎると外れたり騒音を発したりします。

一般的にオフ車等のホイールトラベルの長い車両ほど、点検測定状態(静止下)での遊び量を多くとります。

自分のバイクのメーカー指定の適正値は把握しておきましょう。

頻度

チェーン・スプロケの純正/非純正、走り方、注油状況により大きく変わります。

用意するもの

  • テンショナー(アジャスト、ロック)用レンチ (車種により10mm~12mm程度)
  • アクスルシャフト用レンチ (車種により19~25mm程度)
  • チェーンアライメントツール (なくても作業は可能)

手順

  1. 左右アジャスターのロックナット、アジャストナットを緩める
  2. アクスルシャフトを緩める
  3. 左右のテンショナーのアジャストナットでチェーンを張る
  4. チェーンの弛み量とチェーンアライメントを確認
  5. ダブルナットの要領でアジャストナット/ロックナットを締める

チェーン交換

調整しきれないほど伸びたり、錆びてリンクの動きの悪くなったチェーンは交換します。

チェーン交換の際は、磨耗バランスを考慮して、ドリブンスプロケット、ドライブスプロケットも同時交換が推奨されるため、通常メンテ初心者とその手持ち工具で手におえるものではありません。

それでもチェーン単体で交換する場合は次のとおりです。

頻度

使用状況、メンテ状況で大幅に変わります。

用意するもの

  • 新しいチェーン
  • 新しいチェーンに対応したジョイントリンク
  • チェーンカッター (通常カシメ具も兼用)

手順

  1. ジョイントリンクを探す
  2. ジョイントリンクを外す
  3. 古いチェーンを外す
  4. 新しいチェーンをかける
  5. 新しいジョイントリンクで繋ぐ